研ぎ出し蒔絵・研出し蒔絵(読み)とぎだしまきえ

大辞林 第三版の解説

とぎだしまきえ【研ぎ出し蒔絵・研出し蒔絵】

蒔絵の技法の一。漆地の上に絵漆で文様を描き、乾かないうちに金銀粉・色粉などを蒔き付け、乾いたのちに透き漆あるいは黒漆を塗り、乾燥させたあとに磨いて下の文様・金銀粉などをおぼろにあらわしたもの。蒔絵の基本的な方法で平安時代に盛んに行われた。研ぎ出し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android