コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破れ銭・割れ銭(読み)われぜに

大辞林 第三版の解説

われぜに【破れ銭・割れ銭】

室町時代、ひびが入ったり、破損したりしている銭。撰り銭の対象となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる