破棄・破毀(読み)はき

精選版 日本国語大辞典「破棄・破毀」の解説

は‐き【破棄・破毀】

〘名〙
① やぶりすてること。やぶりこわすこと。契約や約束事などを取り消すことにもいう。〔音訓新聞字引(1876)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四七「之を破棄(ハキ)せんと欲して倩々(つらつら)其書風を看るに」 〔管子‐七法〕
民事刑事訴訟で、事後審査を行なう上級の裁判所が、上訴を理由ありとして原裁判所の判決を取り消すこと。〔民事訴訟法(明治二三年)(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android