コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破魔弓・浜弓 はまゆみ

大辞林 第三版の解説

はまゆみ【破魔弓・浜弓】

破魔を射るための弓。形式化して正月の縁起物となり、江戸時代には細長い板に弓矢を飾りつけ、その下に戦いくさ人形などの押し絵をはって男児への贈り物とした。 [季] 新年。
棟上げ式のとき、破魔矢とともに屋上に立てる二張の弓形の飾り。破魔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone