破魔矢(読み)はまや

世界大百科事典 第2版の解説

はまや【破魔矢】

神社で正月に縁起物として授与している矢。もと〈はま(浜)弓はま矢〉といって,宮廷や民間において,正月に射礼(じやらい)として弓矢を射たときに使われたことに由来する。〈はま〉とは《貞丈雑記》によると,大和国(奈良県)吉野郡地方や土佐国(高知県)地方で,正月に子どもが弓を射るときの的の穴をいうのだという。すなわち,的は縄を巻いて直径1尺(30cm)ほどの輪をつくり,その中に鍋敷の形をした,さしわたし2~3寸(6~9cm)の穴をあけ,これを〈はま〉と称し,この〈はま〉を射るのが〈はま弓はま矢〉であるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はまや【破魔矢】

破魔弓につがえて放つ矢。今は正月の縁起物。 [季] 新年。
棟上げ式に、破魔弓とともに屋上に立てる二本の矢形の飾り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はま‐や【破魔矢】

〘名〙
① 破魔弓①につがえて放つ矢。今は正月の縁起物としている。はまつや。《季・新年》
※毛利家文書‐(年未詳)(1565頃)一二月二九日・毛利輝元書状「御はま矢共、何方へも御遣候はは、進上可申候」
② 棟上式のとき、破魔弓②とともに屋上に飾る、檜で作った二本の矢の形をしたもの。鏑矢を上に向け、雁股矢を下に向ける。
※匠家故実録(1803)中「上棟之例式〈略〉破魔弓・破魔矢之作格」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の破魔矢の言及

【縁起物】より

…それが縁起物である。多くは神社や寺院から授けられ,正月初詣に授与される破魔矢(はまや)は,悪魔をはらい幸運を射止めるものであり,起上り小法師達磨は,七転八起の故事から出世を約束される縁起物である。また正月2日の夜,社寺から授与された宝船の図を枕の下に入れて寝ると吉夢を見て,幸運を招来するという。…

※「破魔矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破魔矢の関連情報