コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砺波市景観まちづくり条例

1件 の用語解説(砺波市景観まちづくり条例の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

砺波市景観まちづくり条例

景観法に基づく景観まちづくり計画とともに市が3月に制定。市全域127平方キロを(1)水田と屋敷林、伝統家屋が良好な景観を保つ「散居景観区域」(2)同区域に隣接する幹線道路沿いの住宅・工場団地とその適地など今後の開発が予想される「散居景観調和区域」(3)市街地区域(4)河川区域(5)丘陵山間区域に分類。各区域で一定規模以上の建築物の新増築などに事前の届け出を義務づけ、高さや意匠、素材などの「市景観まちづくり基準」への適否を判断する。適合しない事例には、設計変更要請や原状回復命令を出す。従わない場合には、公表などの罰則もある。11月着工分から適用され、10月から受け付ける。

(2014-05-13 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砺波市景観まちづくり条例の関連キーワード景観法安全・安心なまちづくりの日まちづくり月間観光まちづくり学会(農業経営基盤強化促進法に基づく)利用権まちづくり交付金制度景観整備機構景観計画と景観協定国民健康づくり計画まちづくり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砺波市景観まちづくり条例の関連情報