コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱) りゅうひてっこうarsenopyrite

翻訳|arsenopyrite

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひてっこう【硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱) arsenopyrite】

毒砂ともいう。理想化学式FeAsSの鉱物。Feを置換してCoがFe/Co=1/3まで入る。Co≧Feの場合グローコドートglaucodotの名称が与えられる。As/S比に関しても,0.9/1.1~1.1/0.9の範囲で変動し,S量が多いものは三斜晶系,As量の増加に伴い対称性が高くなり,FeAs1.1S0.9では単斜晶系となる。自形結晶は菱形の断面をもつ長柱状,短柱状であるが,塊状をなすことが多い。へき開は明瞭でない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱)の関連キーワード硫ヒ(砒)鉄鉱硫塩鉱物硫ヒ鉄鉱ヒ素硫砒鉄鉱硫砒鉄鉱(データノート)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android