コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱) りゅうひてっこうarsenopyrite

翻訳|arsenopyrite

1件 の用語解説(硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひてっこう【硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱) arsenopyrite】

毒砂ともいう。理想化学式FeAsSの鉱物。Feを置換してCoがFe/Co=1/3まで入る。Co≧Feの場合グローコドートglaucodotの名称が与えられる。As/S比に関しても,0.9/1.1~1.1/0.9の範囲で変動し,S量が多いものは三斜晶系,As量の増加に伴い対称性が高くなり,FeAs1.1S0.9では単斜晶系となる。自形結晶は菱形の断面をもつ長柱状,短柱状であるが,塊状をなすことが多い。へき開は明瞭でない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

硫ヒ鉄鉱(硫砒鉄鉱)の関連キーワード硫ヒ(砒)鉄鉱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone