コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱) りゅうひどうこう enargite

1件 の用語解説(硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひどうこう【硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱) enargite】

化学組成Cu3AsS4の鉱物。斜方晶系(偽六方晶系)。普通c軸に延びた柱状自形結晶を示す。ウルツ鉱の構造のZnの位置にCuとAsを秩序配列させた結晶構造を持つ。同じ組成でセン亜鉛鉱型構造のルゾナイトは低温型である。(320)で双晶の結果,星状を呈する。また不規則放射状,塊状および{001}に平行な板状としても産する。へき開{110}に完全,{100}と{010}に明瞭。鋼灰~鉄黒色,条痕灰黒,金属光沢不透明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱)の関連キーワード角閃石輝安鉱金緑石クラン斜方輝石斜方晶系ドロマイト白鉛鉱斑銅鉱不連続反応

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone