コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱) りゅうひどうこうenargite

1件 の用語解説(硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひどうこう【硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱) enargite】

化学組成Cu3AsS4の鉱物。斜方晶系(偽六方晶系)。普通c軸に延びた柱状自形結晶を示す。ウルツ鉱の構造のZnの位置にCuとAsを秩序配列させた結晶構造を持つ。同じ組成でセン亜鉛鉱型構造のルゾナイトは低温型である。(320)で双晶の結果,星状を呈する。また不規則放射状,塊状および{001}に平行な板状としても産する。へき開{110}に完全,{100}と{010}に明瞭。鋼灰~鉄黒色,条痕灰黒,金属光沢不透明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

硫ヒ銅鉱(硫砒銅鉱)の関連キーワード硫ヒ(砒)銅鉱ルゾナイト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone