碇石(いかりいし)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

碇石(いかりいし)

木の碇を沈めるための石のおもり。中国商船のほか、元寇軍船のものもある。戦前に国威発揚や戦勝祈願のため神社に奉納された。現在も櫛田神社(福岡市博多区)や筥崎宮(同市東区)でみられる。

(2008-09-14 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碇石(いかりいし)の関連情報