確・聢(読み)しっかり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物事・状態が堅固で、また、たしかなさまを表わす語。
(イ) 土台や構成が堅固で安定しているさま。「会社の経営基盤がしっかりしている」 〔詞葉新雅(1792)〕
※洒落本・辰巳婦言(1798)昼遊の部「しっかりとした商人のひとりむすこ」
(ロ) 記憶・判断の仕方が確実であるさま。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)中幕「しっかり顔も覚へていれど」
(ハ) 人の技量・性質・考え方などが堅実でたよれるさま。また、倹約家、一徹者を軽くあざけっていう際にも用いる。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「男といふものは、もっと仡然(シッカリ)としてもらひたかった」
(ニ) 心がひきしまっているさま。意識が確かなさま。
※浪花聞書(1819頃)「しッかり しっかりせいなと云也」
※軍歌・戦友(1905)〈真下飛泉〉「『しっかりせよ』と抱き起し」
(ホ) かたくついて離れなくするさま。かたく。がっちり。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「丹次郎の顔をながめて、釣さがるやうに左の手に両方の手をかけて、しっかりと引れながら」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「始から確乎(シッカリ)握った袂を」
(ヘ) 仕事・勉強などを熱心・着実に行なうさま。
※浄瑠璃・日高川入相花王(1759)二「明日迄は延(のば)されぬけふの細布、しっかりと受け取りました」
※わかれ道(1896)〈樋口一葉〉中「勉強をしなけりゃあ成らないよ、しっかり遣ってお呉れ」
(ト) 物の関係・度合いなどが、はっきりとしているさま。
※古今集遠鏡(1793)一「宇治山の僧喜撰は、詞がおくふかうて、そして始めとはてとのつりあひがしっかりとせぬ」
(チ) 商取引で、市場に活気があり、相場が上がり気味なさま。⇔ぼんやり。〔商業経済辞典(1938)〕
② 物が豊富であったり、状態がはなはだしかったりするさまを表わす語。
(イ) たくさんあるさま。ぎっしり。十分。
※洒落本・契国策(1776)南方「旦那もやぼじゃないしっかりと酒てを下さるはしれた事だ」
※人情本・清談若緑(19C中)初「定めて御馳走は悉皆(シッカリ)あるだらう」
(ロ) 程度のはなはだしいさま。ひどく。まったく。すっかり。
※歌舞伎・桜姫東文章(1817)大詰「エエ、嘘だ嘘だ。しっかり嘘だ」
③ 毒虫などにさされて痛むさま、また、湯などの熱いさまを表わす語。〔かた言(1650)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android