コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気あらし(磁気嵐) じきあらし magnetic storm

翻訳|magnetic storm

1件 の用語解説(磁気あらし(磁気嵐)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じきあらし【磁気あらし(磁気嵐) magnetic storm】

地磁気変動のうち汎世界的に起こる最も大きな変動で,継続時間1~2日の現象。太陽フレア(フレア)の発生から2~3日後に起こることが多い。フレアに伴って惑星間空間に放出された高速プラズマ流に磁気圏が包まれると起こる現象である。太陽の自転周期27日の再帰性を示す磁気あらしもある。これらは太陽風中の高速流に関連して生ずる。 フレアが発生すると,フレア領域のプラズマが急速に加速,膨張するため,前面に衝撃波を伴った高速プラズマ流が放出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁気あらし(磁気嵐)の関連キーワード出差磁力計地磁気ワーゲマン磁気図地磁気極気変り世界人地磁気の逆転ビジネスサイクル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone