コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気双極子モーメント

素粒子事典の解説

磁気双極子モーメント

 磁石の強さに対応する量である。磁場中に粒子を入れ、スピン向きを磁場と平行にした時と反平行(逆向きで平行)にした時のエネルギーレベルの差から測定できる。また、スピンが磁場の向きに対して平行でないときは、スピンの軸の向きが回転する「歳差運動」が起こるが、この周期からも測定できる。また、素粒子反応で、光子との反応や光子を媒介する反応の強さを精密に測定することによっても求められる。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

磁気双極子モーメントの関連キーワードランジュヴァン‐デバイの式核磁気モーメント双極子モーメント磁気モーメント双極子配向超微細構造分子磁石不対電子核磁性分極分域

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android