磅礴・旁礴・旁魄(読み)ほうはく

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐はく ハウ‥【磅礴・旁礴・旁魄】

〘名〙 (「ぼうはく」とも)
① まじりあって一つになること。混合すること。また、そのさま。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
※生々流転(1939)〈岡本かの子〉「何事も両極が磅礴(バウハク)して」 〔荘子‐逍遙遊〕
② 広く満ちること。ひろがりふさがること。広々としていること。また、そのさま。
※済北集(1346頃か)一三・円化主「大法磅礴水雲委屯蔽屡窶倉囷
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「発しこじれて内攻して胸中に磅礴(ハウハク)鬱積する」 〔陸機‐挽歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android