コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐城沖ガス田 いわきおきガスでん

1件 の用語解説(磐城沖ガス田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いわきおきガスでん【磐城沖ガス田】

福島県いわき市の東北東40kmの海域に帝国石油エッソ社の共同探鉱によって1973年に発見され,85年から生産を開始した。ガス田の構造は西側を逆断層で切られた南北に延びる背斜構造で,構造面積は約8km2。産ガス層は中新世の砂岩層で,約26%の平均孔隙率を有し,2000~2100mの深度に分布する。1基のプラットホームから14坑の生産井を傾斜掘りで仕上げた。95年の平均日産量はガス62万m3。【藤田 和男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磐城沖ガス田の関連キーワード石城国小名浜勿来いわき明星大学東日本国際大学双葉鈴木竜塩屋埼よつくら港リュウ君常磐開発

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone