コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐梯熱海[温泉] ばんだいあたみ

百科事典マイペディアの解説

磐梯熱海[温泉]【ばんだいあたみ】

福島県郡山市熱海町にある温泉。単純硫化水素泉。53℃。伊豆の伊東氏が命名した地名で,開湯は鎌倉期という。市街の北西14km,五百(ごひゃく)川の渓口に位置する熱海と,その北1kmにある高玉の2地区に分かれる。磐越西線,磐越自動車道が通じる。
→関連項目郡山[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんだいあたみ【磐梯熱海[温泉]】

福島県郡山市熱海町にある温泉。単純泉,48℃。JR磐越西線磐梯熱海駅付近の熱海,五百川上流の高玉の2地区からなり,農民の湯治や二本松街道(現,国道49号線)を行く旅人の宿として親しまれてきた。1957年ボーリングにより多量の湧出を得てから温泉街として発展,71年磐梯高原に通じる有料道路の開通により磐梯観光の基地にもなった。周辺には石筵(いしむしろ)牧場,銚子ヶ滝がある。【榊原 貴士】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android