コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯巾着・菟葵 いそぎんちゃく

大辞林 第三版の解説

いそぎんちゃく【磯巾着・菟葵】

〔刺激にあうと体が収縮し、巾着のひもを締めたようになるところから〕
腔腸動物花虫綱の一群の総称。体は円筒形で、底面は岩石などに付着し、一端には花弁状に触手が多数並び、その中央に口が開く。色彩は変化に富み、花のように広げた触手で餌えさを捕らえる。他の動物と共生するものがある。魚釣りの餌となる。いしぼたん。 [季] 春。 《 岩の間の-の花二つ /田中王城 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

磯巾着・菟葵の関連キーワード田中王城触手

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android