コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯挵り いそぜせり

大辞林 第三版の解説

いそぜせり【磯挵り】

磯辺をあちらこちらと歩きまわって獲物をあさること。
〔遊郭で、格の高い遊女と遊ぶのを「沖をこぐ」などというのに対して〕 近世、上方で安い売女や素人女を相手に遊ぶことをいう。磯狂い。 「若い時-して来たわろで/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone