コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田多佳女

美術人名辞典の解説

磯田多佳女

祇園の料亭大友の女将。大友は吉井勇の「かにかくに祇園は恋し寝るときも枕の下を水のながるる」で知られた料亭で、多佳女は漱石等の文人や画家に愛された女将。五月雨の句を得意とした。昭和20年(1945)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone