コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田多佳女

1件 の用語解説(磯田多佳女の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

磯田多佳女

祇園の料亭大友の女将。大友は吉井勇の「かにかくに祇園は恋し寝るときも枕の下を水のながるる」で知られた料亭で、多佳女は漱石等の文人や画家に愛された女将。五月雨の句を得意とした。昭和20年(1945)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯田多佳女の関連キーワード吉井勇大友義鎮大友祇園の夜桜女将大友義正大友義孝大友義親木村さく土井貞枝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone