コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

示す・諜す しめす

大辞林 第三版の解説

しめす【示す・諜す】

( 動五[四] )
物を出して見せる。また、ある事実を相手の前に明らかにする。 「招待券をお持ちの方は入り口でお-・し下さい」 「根拠を-・す」 「模範を-・す」
ある記号や印しるしが、ある物・ある事柄を意味する。表す。 「非常口を-・す標識」 「『使用中』を-・すランプ」
(「諜す」とも書く)ある気持ちや意向をもっていることを、それとなく他人にわかるように表す。 「法務省は難色を-・している」 「花束をプレゼントして彼女への好意を-・した」
指さし教える。 「角の松原いつか-・さむ/万葉集 279
[可能] しめせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android