コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会福祉士・介護福祉士 しゃかいふくししかいごふくしし

1件 の用語解説(社会福祉士・介護福祉士の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいふくししかいごふくしし【社会福祉士・介護福祉士】

1987年制定の〈社会福祉士及び介護福祉士法〉にもとづく制度。この法律は高齢化の進展等によって増大が予想される介護を含む社会福祉従事者の量的確保に加えて,民間事業者による福祉サービスへの参入が拡がることを見込んで,福祉サービスの質の向上を図るために制定された。社会福祉士・介護福祉士とも業務独占ではなく名称独占の資格制度である。社会福祉士とは〈専門的知識及び技術をもって,身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うことを業とする者〉,また介護福祉士は〈専門的知識及び技術をもって,身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴,排せつ,食事その他の介護を行い,並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者〉とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

社会福祉士・介護福祉士の関連キーワード竹下登内閣横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門朝鮮映画バブル経済横浜事件シェール多段階記述様式倉俣史朗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会福祉士・介護福祉士の関連情報