コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祁答院[町] けどういん

百科事典マイペディアの解説

祁答院[町]【けどういん】

鹿児島県中部,薩摩郡の旧町。川内(せんだい)川の支流域のシラス台地を占め,南西部に藺牟田(いむた)池がある。米,肉牛,茶などを産する農業の町。主集落は中世に地頭の祁答院氏の所領であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けどういん【祁答院[町]】

鹿児島県北西部,薩摩郡の町。人口4884(1995)。町域の大半は山地,丘陵に覆われるが,川内(せんだい)川支流の久富木川,大王川,後川内川がシラス台地を開析して,わずかな沖積低地を形成する。古くは島津荘寄郡祁答院の地で,鎌倉時代以降,地頭祁答院氏が支配した。南北朝期から室町時代にかけて同氏一族と島津氏の抗争の地となったが,戦国末期に島津氏の支配下に入り,近世は下手に大村郷の,藺牟田(いむた)に藺牟田郷,黒木に黒木郷の地頭仮屋が置かれ,町場も形成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

祁答院[町]の関連キーワード藺牟田池

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android