祁答院[町](読み)けどういん

百科事典マイペディアの解説

祁答院[町]【けどういん】

鹿児島県中部,薩摩郡の旧町。川内(せんだい)川の支流域のシラス台地を占め,南西部に藺牟田(いむた)池がある。米,肉牛,茶などを産する農業の町。主集落は中世に地頭の祁答院氏の所領であった。2004年10月川内市,薩摩郡樋脇町,入来町,東郷町,里村,上甑村,下甑村,鹿島村と合併し市制,薩摩川内市となる。82.56km2。4722人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けどういん【祁答院[町]】

鹿児島県北西部,薩摩郡の町。人口4884(1995)。町域の大半は山地,丘陵に覆われるが,川内(せんだい)川支流の久富木川,大王川,後川内川がシラス台地を開析して,わずかな沖積低地を形成する。古くは島津荘寄郡祁答院の地で,鎌倉時代以降,地頭祁答院氏が支配した。南北朝期から室町時代にかけて同氏一族と島津氏の抗争の地となったが,戦国末期に島津氏の支配下に入り,近世は下手に大村郷の,藺牟田(いむた)に藺牟田郷,黒木に黒木郷の地頭仮屋が置かれ,町場も形成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android