コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園祭の前祭と後祭

1件 の用語解説(祇園祭の前祭と後祭の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

祇園祭の前祭と後祭

今年は7月17日を前祭として「長刀鉾」など23基、24日を後祭として150年ぶりに復活する「大船鉾(おおふねほこ)」など10基が巡行する。前祭は従来のルート、後祭は逆回りで巡行する。もともと八坂神社(京都市東山区)では、前祭の17日に「神幸祭」、後祭の24日に「還幸祭」として神輿(みこし)を担いできた。これに合わせて山鉾の巡行も長らく2日に分けてきた。しかし1966年、京都市などがより多くの観光客を呼び込む狙いから、二つの巡行を一本化して17日に統一。祇園祭の関係者の間では伝統の姿に戻すよう求める声も根強かった。

(2014-07-12 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祇園祭の前祭と後祭の関連キーワード今年酒今年竹長刀鉾今年生ひ長刀草履長刀直しパリ祭県内の消防団・団員数京都府京都市下京区長刀鉾町蒼前祭

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祇園祭の前祭と後祭の関連情報