祇王・妓王(読み)ぎおう

大辞林 第三版の解説

ぎおう【祇王・妓王】

平家物語に登場する女性。京堀川の白拍子しらびようし。祇女ぎじよの姉。平清盛に愛されたが、自分の推挙した白拍子の仏ほとけ御前に寵ちようを奪われ、母・妹とともに嵯峨の往生院に隠れ、尼となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android