コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐定(読み)すけさだ

大辞林 第三版の解説

すけさだ【祐定】

1466~?) 室町後期備前長船の刀工。本名、中川与三左衛門尉。彦兵衛尉祐定の子。永正祐定と呼ばれ、さらに銘振りにより四ツ与と略称される。室町末期に祐定を銘ずる刀工は多いが、その総師として多くの名刀を残した。切れ味においても有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android