祖父は辛労,子は楽,孫は乞食(読み)じじはしんろうこはらくまごはこじき

大辞林 第三版の解説

じじはしんろうこはらくまごはこじき【祖父は辛労,子は楽,孫は乞食】

祖父は苦労して財産を築き、子はその財産で気楽に過ごし、孫の代には財産を使いきって乞食をするほどに落ちぶれてしまうこと。長者も三代は続かない意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android