コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祗候・伺候 しこう

大辞林 第三版の解説

しこう【祗候・伺候】

( 名 ) スル
謹んで貴人のそば近く仕えること。 「権門に-して出身の道を求む/福翁百話 諭吉」 「朝より夕に及ぶまで-す/平家 4
謹んでご機嫌伺いに上がること。 「課長殿の私邸へ-し/浮雲 四迷

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報