コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝いの水・祝の水 いわいのみず

大辞林 第三版の解説

いわいのみず【祝いの水・祝の水】

〔養老の滝の故事の「岩井の水」から〕 めでたい酒、特に婚礼の酒。 「千靏せんかく万亀ばんきの-汲むとおもへば/浮世草子・諸艶大鑑 1
婚礼の習俗の一種で、嫁入り・婿入りの際や、新婚初めての正月の初詣での帰りなどに、若者たちが新郎にかける水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祝いの水・祝の水の関連キーワード浮世草子諸艶大鑑婿入り嫁入り初詣で故事岩井習俗婚礼養老

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android