コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝く・寿く ほく

大辞林 第三版の解説

ほく【祝く・寿く】

( 動四 )
〔後世「ほぐ」とも〕
よい結果を期待して、祝い言を唱える。ことほぐ。 「焼大刀のかど打ち放ちますらをの-・く豊御酒とよみきに我酔ひにけり/万葉集 989
呪言を述べて神意をうかがう。 「乃ち矢を取りて、-・きて曰のたまはく/日本書紀 神代下訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祝く・寿くの関連キーワード日本書紀

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android