祝・寿・祷(読み)ほかい

精選版 日本国語大辞典の解説

ほかい ほかひ【祝・寿・祷】

〘名〙 (動詞「ほかう(祝)」の連用形の名詞化。後世は「ほがい」)
① 神を祝福し幸いを招くこと。ことほぐこと。転じて、神仏に食物などを供えてまつること。
※醍醐寺文書‐(年月日未詳)(室町)春日局書状「又一日さたみつせうみゃうゐん殿さまの御ほかいにのぼりまいらせ候て」
② (乞児) 「ほかいひと(乞児)」の略。
※国文学の発生(第二稿)(1924)〈折口信夫〉巡遊伶人の生活「其ほかひたちが、どういふ訣で流離生活を始める事になったか」

ほか‐・う ‥ふ【祝・寿・祷】

〘他ハ四〙 (動詞「ほく(祝)」の未然形に反復継続の助動詞「ふ」が付いてできたもの) 望む結果が得られるようなことばを唱えて神に祈る。また、祝福する。ことほぐ。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android