神奈川県中郡大磯町(読み)おおいそ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕大磯〈町〉(おおいそ〈まち〉)


神奈川県南部、相模(さがみ)湾に臨む町。中(なか)郡
東海道の旧宿場町。明治中期に日本で最初の海水浴場が開かれ、著名な別荘地として発展。近年では、北西部の丘陵地でも宅地開発が進展。高麗山(こまやま)、レジャー施設大磯ロングビーチがある。小正月に行われる火祭り「大磯の左義長(さぎちょう)」は国の重要無形民俗文化財に指定されている。作家・島崎藤村(しまざきとうそん)の墓、政治家・吉田茂(よしだしげる)の旧宅などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神奈川県中郡大磯町の関連情報