コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神奈川県川崎市 かわさき〈し〉

1件 の用語解説(神奈川県川崎市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕川崎〈市〉(かわさき〈し〉)


神奈川県北東部の市。
多摩川下流部右岸を占め、南東部は東京湾に臨む。1972年(昭和47)より政令指定都市。現在、川崎区、幸(さいわい)区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生(あさお)区の7行政区がある。東京と横浜の中間に位置し、東海道本線・南武線ほかのJR・私鉄各線や東名高速道路などの主要道路が縦横に通じる。川崎から千葉県木更津市を結ぶ東京湾アクアラインが通る。江戸時代は東海道の宿場町、平間(へいげん)寺(川崎大師)の門前町として繁栄。明治末期から工場進出が始まり、大規模な臨海埋め立て地を造成。京浜工業地帯の中枢となり、日本有数の工業都市に発展した。川崎港を中心に石油化学コンビナートを形成し、鉄鋼・電機などの大工場や埠頭(ふとう)が集中。多摩川沿岸にも電機・金属・自動車工場が多い。ショッピングモールのラゾーナ川崎プラザのある川崎駅周辺と武蔵小杉駅・溝の口駅周辺が商業の中心地。北西部の私鉄沿線で宅地化が顕著。川崎大師は厄除(やくよ)けで名高い。等々力(とどろき)緑地・東高根森林公園・多摩川緑地など公園・緑地が多く、生田(いくた)緑地内には川崎市立日本民家園がある。遊園地よみうりランドがある。1月28日の下麻生(しもあさお)不動院だるま市が有名。
麻生区
川崎区
幸区
高津区
多摩区
中原区
宮前区

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神奈川県川崎市の関連情報