コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神奈川県秦野市 はだの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕秦野〈市〉(はだの〈し〉)


神奈川県西部の市。
丹沢(たんざわ)山地南麓の秦野盆地市域とする。大型住宅団地の開発が顕著。江戸時代から明治期にかけて、タバコの栽培・製造の町として知られた。1969年(昭和44)の東名高速道路の開通などを機に、自動車・電機を中心とする内陸工業都市に発展。近年ではハイテク産業も進出。丹沢登山の基地であり、全国名水百選の一つである秦野盆地湧水群がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

神奈川県秦野市の関連キーワード神奈川県秦野市上今川町神奈川県立秦野戸川公園神奈川県秦野市丹沢寺山神奈川県秦野市若松町神奈川県秦野市南矢名神奈川県秦野市弥生町神奈川県秦野市南が丘神奈川県秦野市文京町神奈川県秦野市松原町神奈川県秦野市渋沢上神奈川県秦野市下落合神奈川県秦野市立野台神奈川県秦野市鶴巻北神奈川県秦野市鈴張町神奈川県秦野市末広町神奈川県秦野市小蓑毛神奈川県秦野市水神町神奈川県秦野市清水町神奈川県秦野市三廻部神奈川県秦野市河原町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神奈川県秦野市の関連情報