神奈川県秦野市(読み)はだの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕秦野〈市〉(はだの〈し〉)


神奈川県西部の市。
丹沢(たんざわ)山地南麓の秦野盆地市域とする。大型住宅団地の開発が顕著。江戸時代から明治期にかけて、タバコの栽培・製造の町として知られた。1969年(昭和44)の東名高速道路の開通などを機に、自動車・電機を中心とする内陸工業都市に発展。近年ではハイテク産業も進出。丹沢登山の基地であり、全国名水百選の一つである秦野盆地湧水群がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神奈川県秦野市の関連情報