神奈川県鎌倉市山ノ内(読み)やまのうち

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕山ノ内(やまのうち)


神奈川県鎌倉市にある地名。
建長(けんちょう)寺(臨済宗)(絹本淡彩蘭溪道隆像などは国宝、庭園は国の史跡かつ名勝、境内は国の史跡に指定)、円覚(えんがく)寺(臨済宗)(庭園は国の名勝、境内は国の史跡、梵鐘などは国宝に指定)、東慶(とうけい)寺(臨済宗)(聖観音菩薩立像などは国の重要文化財に指定)、浄智(じょうち)寺(臨済宗)(境内は国の史跡、地蔵菩薩坐像などは国の重要文化財に指定)、名月(めいげつ)院(アジサイ寺)(臨済宗)、圓應(えんのう)寺(臨済宗)、絵本作家・葉祥明の作品を展示する葉祥明美術館、鎌倉古陶美術館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神奈川県鎌倉市山ノ内の関連情報