コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神奈川県鎌倉市山ノ内 やまのうち

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕山ノ内(やまのうち)


神奈川県鎌倉市にある地名。
建長(けんちょう)寺(臨済宗)(絹本淡彩蘭溪道隆像などは国宝、庭園は国の史跡かつ名勝、境内は国の史跡に指定)、円覚(えんがく)寺(臨済宗)(庭園は国の名勝、境内は国の史跡、梵鐘などは国宝に指定)、東慶(とうけい)寺(臨済宗)(聖観音菩薩立像などは国の重要文化財に指定)、浄智(じょうち)寺(臨済宗)(境内は国の史跡、地蔵菩薩坐像などは国の重要文化財に指定)、名月(めいげつ)院(アジサイ寺)(臨済宗)、圓應(えんのう)寺(臨済宗)、絵本作家・葉祥明の作品を展示する葉祥明美術館、鎌倉古陶美術館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

神奈川県鎌倉市山ノ内の関連キーワード円覚寺(神奈川県)浄智寺境内建長寺庭園建長寺境内円覚寺境内円覚寺庭園明月院境内最明寺東慶寺円覚寺建長寺浄智寺史跡

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android