神尾 光臣(読み)カミオ ミツオミ

20世紀日本人名事典の解説

神尾 光臣
カミオ ミツオミ

明治・大正期の陸軍大将,男爵



生年
安政2年1月11日(1855年)

没年
昭和2(1927)年2月6日

出生地
信濃国諏訪(長野県)

経歴
父は諏訪藩士。明治7年陸軍教導団に入り、9年卒業後、西南戦争曹長として出征戦功により陸軍少尉試補となり、以来累進して大正4年大将となる。この間、日清戦争には第2軍参謀として大山大将の幕下にあり、日露戦争では歩兵第22旅団長として旅順攻撃に参加。3年第一次大戦では第18師団長として青島攻略を指揮、ついで青島守備軍司令官に就任するなど、中国問題に長く関係し、軍では有数の中国通といわれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

神尾 光臣 (かみお みつおみ)

生年月日:1855年1月11日
明治時代;大正時代の陸軍軍人。大将;男爵
1927年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android