コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神尾 光臣 カミオ ミツオミ

1件 の用語解説(神尾 光臣の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

神尾 光臣
カミオ ミツオミ

明治・大正期の陸軍大将,男爵



生年
安政2年1月11日(1855年)

没年
昭和2(1927)年2月6日

出生地
信濃国諏訪(長野県)

経歴
父は諏訪藩士。明治7年陸軍教導団に入り、9年卒業後、西南戦争に曹長として出征。戦功により陸軍少尉試補となり、以来累進して大正4年大将となる。この間、日清戦争には第2軍参謀として大山大将の幕下にあり、日露戦争では歩兵第22旅団長として旅順攻撃に参加。3年第一次大戦では第18師団長として青島攻略を指揮、ついで青島守備軍司令官に就任するなど、中国問題に長く関係し、軍では有数の中国通といわれた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神尾 光臣の関連情報