コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神慈秀明会

1件 の用語解説(神慈秀明会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神慈秀明会

世界救世教」の流れをくみ、70年に発足。同会によると、信者数は国内外に公称37万人。83年に総額約150億円をかけて滋賀県甲賀市(当時信楽町)の山中(約100ヘクタール)に教祖殿などの主要施設を建設し、その後本部機能を京都市内から移した。97年には、本部の隣接地に約250億円をかけて「MIHOMUSEUM(ミホミュージアム)」を開館。古代エジプトローマ、日本の古美術品約2千点を所蔵し、年間約14万人(08年)の見学者が訪れる。教義の一つに、手をかざして相手の魂を清めるとする「浄霊」がある。

(2009-02-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神慈秀明会の関連キーワード岡田玉松獅子物世界救世教越後流流れを汲む一河の流れを汲むも他生の縁桃家クヌーセンの流れ宗教法人・神慈秀明会等木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone