コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸大空襲

1件 の用語解説(神戸大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神戸大空襲

1945年2月ごろから米軍機による市街地などへの攻撃が本格化。3月17日、5月11日、6月5日が大規模空襲とされ、被害が大きかった。「神戸空襲を記録する会」は8千人以上が犠牲になったと推定するが、正確な数は分かっていない。昨年8月、中央区の大倉山公園に犠牲者名を刻んだ慰霊碑が設置され、現在1910人が刻銘されている。

(2014-08-12 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

神戸大空襲の関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省嶋清一ルーズベルトアバ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神戸大空襲の関連情報