コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸大空襲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神戸大空襲

1945年2月ごろから米軍機による市街地などへの攻撃が本格化。3月17日、5月11日、6月5日が大規模空襲とされ、被害が大きかった。「神戸空襲を記録する会」は8千人以上が犠牲になったと推定するが、正確な数は分かっていない。昨年8月、中央区大倉山公園に犠牲者名を刻んだ慰霊碑が設置され、現在1910人が刻銘されている。

(2014-08-12 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

神戸大空襲の関連キーワード映画火垂るの墓須磨離宮公園野坂昭如

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神戸大空襲の関連情報