コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸大空襲

1件 の用語解説(神戸大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神戸大空襲

1945年2月ごろから米軍機による市街地などへの攻撃が本格化。3月17日、5月11日、6月5日が大規模空襲とされ、被害が大きかった。「神戸空襲を記録する会」は8千人以上が犠牲になったと推定するが、正確な数は分かっていない。昨年8月、中央区の大倉山公園に犠牲者名を刻んだ慰霊碑が設置され、現在1910人が刻銘されている。

(2014-08-12 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神戸大空襲の関連キーワード市街地八王子空襲宮森小の米軍機墜落事故水戸空襲大山口列車空襲岩美駅空襲熊本大空襲沖縄県の米軍機事故静岡空襲姫路空襲

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神戸大空襲の関連情報