コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸旧居留地

1件 の用語解説(神戸旧居留地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神戸旧居留地

1858年に締結された日米修好通商条約を機に神戸港が開かれ、外国人のための住居や商売の場として整備された。神戸市などによると、広さは約26ヘクタールで、99年に日本政府に返還されたあとにビジネスの中心地となり、海運会社や商社、銀行などがオフィスビルを構えた。戦災と阪神大震災で大きな被害を受けたが、その都度再建が進み、約1千の店舗や事務所がある。

(2013-09-04 朝日新聞 朝刊 兵庫全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

神戸旧居留地の関連キーワード安政の大獄小林良典ペリー安田雷洲梁川星巌山本貞一郎点紋粘板岩浮田一蕙徳川家定ムガル帝国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神戸旧居留地の関連情報