コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸旧居留地

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神戸旧居留地

1858年に締結された日米修好通商条約を機に神戸港が開かれ、外国人のための住居や商売の場として整備された。神戸市などによると、広さは約26ヘクタールで、99年に日本政府に返還されたあとにビジネスの中心地となり、海運会社や商社、銀行などがオフィスビルを構えた。戦災阪神大震災で大きな被害を受けたが、その都度再建が進み、約1千の店舗や事務所がある。

(2013-09-04 朝日新聞 朝刊 兵庫全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

神戸旧居留地の関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリーマクネアレイイーストレーキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神戸旧居留地の関連情報