神戸製鋼所[株](読み)こうべせいこうじょ

百科事典マイペディアの解説

神戸製鋼所[株]【こうべせいこうじょ】

国内4位の鉄鋼メーカー。統一営業標識としてKOBELCOを使用している。1905年鈴木商店神戸製鋼所として創業。1911年鈴木商店から独立。第2次大戦後神戸灘浜に製鉄所を建設して銑鋼一貫化を行った。鉄鋼を中心に機械,アルミ圧延,軽合金伸銅などを生産。チタン加工,産業用ロボット,半導体にも参入。製鉄プラント輸出も行う。本社神戸,工場加古川,高砂,神戸ほか。1995年の阪神・淡路大震災では工場などが大規模な被害を受けた。業界大手の日本鋼管と川崎製鉄が2002年経営統合したのに対抗する形で新日本製鐵住友金属工業と資本・業務提携した。2009年3月期は,2008年の世界経済危機による鉄鋼需要急減で減収減益で赤字に転落したが,2010年3月期は黒字。2011年資本金2333億円,売上1兆8585億円。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうべせいこうじょ【神戸製鋼所[株]】

日本第5位の銑鋼一貫メーカー。本社兵庫県神戸市。機械,アルミ圧延など多角化が進んだ複合経営に特色がある。1905年(明治38),総合商社の源流といわれる鈴木商店が当時神戸にあった小林製鋼所を買い取り,その神戸製鋼所として創業したことに始まる。11年(株)神戸製鋼所として分離,独立。第1次大戦で艦船用部品の需要が高まったが,これに前後して機械部門への進出に成功した。また圧延部門にも進出,神戸市脇浜海岸を埋め立て20年以降,棒鋼・機械工場,線材工場を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の神戸製鋼所[株]の言及

【合併】より

…第2次大戦後の合併のなかで大きな関心を集めたのは,1965‐70年前後の大型合併である。1964年の三菱三重工の合併(三菱重工業が発足),大阪商船と三井船舶の合併(対等合併で大阪商船三井船舶が発足),65年の神戸製鋼所と尼崎製鉄の合併(神戸製鋼所が存続),66年の東洋紡績と呉羽紡績の合併(東洋紡績が存続),67年の日産自動車とプリンス自動車の合併(日産自動車が存続),70年の八幡製鉄と富士製鉄の合併(対等合併で新日本製鉄が発足)などである。とくに八幡,富士の二大製鉄所の合併は,1968年4月の両社の合併の決意表明以降,実業界や通産省の賛成論と経済学者の反対論が激しく対立し,活発な議論が行われた。…

※「神戸製鋼所[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報