神栖中央公園防災アリーナ(仮称)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神栖中央公園防災アリーナ(仮称)

敷地面積約2万9千平方メートル。地上2階地下1階鉄骨造りで高さ約17メートル。避難所として活用できるメインアリーナ(バスケットボールコート3面、観客席数2502)、25メートルの競泳用プール、300席の音楽ホールなどを含め、建物の延べ床面積は約1万9千平方メートル。2019年6月開館予定。施設整備に約121億円、完成後15年間の施設運営と維持管理に約50億円が見込まれ、総額約171億円の整備事業。

(2017-09-22 朝日新聞 朝刊 茨城・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神栖中央公園防災アリーナ(仮称)の関連情報