コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神武天皇の東征

1件 の用語解説(神武天皇の東征の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神武天皇の東征

神倭伊波礼毘古(かむやまといわれびこ)は兄の五瀬(いつせ)と「どうすれば天下を平定できるだろうか」と相談し、九州の高千穂の宮殿から兄とともに安芸、吉備などを経て、東の地へ向かった。浪速の港で那賀須泥毘古(ながすねびこ)が軍を率い待ち構えていたため回り道し、熊野から大和を目指した。宇陀から忍阪へ入ったところで、待ち構えていた八十建(やそたける)をはかりごとをめぐらして殺し、後に那賀須泥毘古も討って大和を平定。神倭伊波礼毘古は橿原の宮で神武天皇として即位したとされる。

(2012-04-30 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神武天皇の東征の関連キーワード神武天皇神日本磐余彦天皇久延毘古びこびこ多波礼草山田のそほどやまびこ館石土毘古神金山毘古神神日本磐余彦尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神武天皇の東征の関連情報