コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田伯山(5世) かんだはくざん[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神田伯山(5世)
かんだはくざん[ごせい]

[生]1898.4.28. 東京
[没]1976.11.4. 東京
講談師。本名岡田秀章。 1957年5世を襲名。四 (死) を避ける意味と,2世の子である2世松鯉への義理を立てて彼に名目上の4世を託し,自身は5世を称した。学者肌で,『大菩薩峠』など当時の人気文芸作品の講談化に努めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

神田伯山(5世)の関連キーワード襲名

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android