コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田冠称問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神田冠称問題

三崎町と猿楽町の町名は1872(明治5)年につき、「神田」の冠称はなかった。猿楽町には夏目漱石が通った小学校があった。1947(昭和22)年、神田区と麹町区が統合して千代田区ができ、「神田三崎町」「神田猿楽町」となった。その後、郵便の配達効率化のため、67年に三崎町に、69年に猿楽町に変更された。2004年に地元から神田冠称復活の要望書が出され、13年11月にできた区住居表示審議会で話し合ってきた。

(2014-09-18 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

神田冠称問題の関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android