コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田朔山

美術人名辞典の解説

神田朔山

幕末・明治の南画家。安政2年(1855)筑前国荒津生。号は耶馬山人。清国蘇州を歴遊。耶馬渓図を得意とした。東京に住した。歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

神田朔山の関連キーワードアサヒ号 AA型 二輪車陸王大型オ-トバイアルゴンアンドロステロンインド美術マウリヤ朝ミトラダテス3世シュンガ朝iPadアルゴン(データノート)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android