コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神皇産霊尊・神魂命 かみむすびのみこと

大辞林 第三版の解説

かみむすびのみこと【神皇産霊尊・神魂命】

〔古くは「かむみむすひ」。「かみむすび」は後世「結びの神」と混同され、また m 音の重複を避けて生じた呼称〕 記紀神話で、天地開闢かいびやくのとき、高天原たかまのはらに出現した神。生成力の神格化。神産巣日神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神皇産霊尊・神魂命の関連キーワード結びの神記紀神話神格化

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android