コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神話博

1件 の用語解説(神話博の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神話博

古事記完成1300年を記念した観光事業「神々の国しまね」の柱の一つ。7月21日~11月11日、主会場エリア出雲大社周辺と松江・出雲、雲南、石見、隠岐の5エリアで開かれる。公式ホームページでも随時情報を提供している。「神々の国しまね」は県や民間企業でつくる実行委員会の観光事業で、総事業費は2010年度からの4カ年で計25億円。県内で年間2800万人前後の観光客数を4年間で延べ500万人増やし、観光消費額200億円を見込む。

(2012-01-29 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神話博の関連キーワード記念切手記念碑古事記伝記念祭古訓古事記金剛山観光平城遷都1300年記念事業金剛山観光事業日本平動物園の再整備事業開設記念

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神話博の関連情報