コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神谷宗湛・紙屋宗旦 かみやそうたん

大辞林 第三版の解説

かみやそうたん【神谷宗湛・紙屋宗旦】

1551~1635) 安土桃山・江戸初期の豪商・茶人。筑前博多の人。朝鮮・中国・ルソン・シャムと通商して巨利を得た。茶道を好み、千利休・津田宗及らと親交があり、秀吉・家康の寵を受けた。茶会記「宗湛日記」は美術資料としても貴重。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神谷宗湛・紙屋宗旦の関連キーワード宗湛日記茶会記千利休秀吉茶道朝鮮家康茶人豪商巨利親交

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android