コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神鉄粟生線

1件 の用語解説(神鉄粟生線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神鉄粟生線

神戸市北区の鈴蘭台駅と小野市の粟生駅を結ぶ29.2キロの路線。全線開通したのは1952年。高度成長期に沿線に住宅地が執にでき、年間輸送人員は92年度には1420万人に達した。しかしその後は、マイカーの利用者が増えたことや、少子高齢化で通勤・通学者が減ったことが影響し、減少が続いている。2010年度は約681万人。営業赤字は01年度から毎年10億円を超えている。

(2012-02-08 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神鉄粟生線の関連キーワード生田小野市湊川有馬小倉長田鈴蘭灯神戸市北区高校生刺殺事件神戸ビエンナーレ2011水谷頴介

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神鉄粟生線の関連情報