コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥山宗端 しょうざん そうずい

美術人名辞典の解説

祥山宗端

江戸初・中期の臨済宗の僧。大徳寺二百十四世。京都生。号は蘿月子・似則庵。大徳寺百九十世天室宗竺の法を嗣ぎ、同寺の住持となる。浜松に蟠竜院を開創し、のち丹波に移す。また東京品川東海寺の輪番を務めた。元禄6年(1693)歿、75才。東山天皇より勅謚号大円鏡智禅師を追贈される。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android