コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥山宗端 しょうざん そうずい

1件 の用語解説(祥山宗端の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

祥山宗端

江戸初・中期の臨済宗の僧。大徳寺二百十四世。京都生。号は蘿月子・似則庵。大徳寺百九十世天室宗竺の法を嗣ぎ、同寺の住持となる。浜松に蟠竜院を開創し、のち丹波に移す。また東京品川東海寺の輪番を務めた。元禄6年(1693)歿、75才。東山天皇より勅謚号大円鏡智禅師を追贈される。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祥山宗端の関連キーワード一渓宗什俊巌宗忍心海宗研昭海紹蘇大順宗慎春沢宗晃文室宗周笠嶺宗伍啓叔宗廸広叔元運

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone