コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁治産制度 きんちさんせいど

大辞林 第三版の解説

きんちさんせいど【禁治産制度】

心神喪失が通常の状態である者を保護するため、法律上、自分で財産を管理する能力がないものとして、これに後見人をつける制度。1999年(平成11)民法改正で廃止され、成年後見制度が導入された。 → 成年後見制度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

禁治産制度の関連キーワード制限行為能力者成年被後見人成年後見制度後見(法律)成年後見人準禁治産者被補助人法定後見禁治産者被保佐人無能力者心神喪失行為能力

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禁治産制度の関連情報