コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁酒で建てた河合谷小

1件 の用語解説(禁酒で建てた河合谷小の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

禁酒で建てた河合谷小

1926(大正15)年1月、老朽化した校舎建築費4万5千円余りをどうひねり出すかが話し合われ、4月から5年間、河合谷村(現・津幡町河合谷地区)の全村民が禁酒し、毎日5銭以上貯金して充てることになった。村に8軒あった酒店は自主廃業。全国で話題になり、海外から取材班も訪れた。富山県境の山あいにあり、河合谷地区の人口(07年4月)は183世帯421人。今も「禁酒の碑」が立ち、「禁酒」と朱書きされた鉄板を玄関先に掲げる家も残る。

(2008-03-19 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁酒で建てた河合谷小の関連キーワード客土スクラップアンドビルド襤褸屋老朽老朽化リノベート滅失登記原発の老朽化府庁舎移転坂本与惣次郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone